記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

義母も実母も

カーネーション

義母に母の日のギフトを贈る場合は、実母と金額面で差を付けないようにしましょう。カーネーションは白いものは亡くなった人に捧げるものなので避けた方が無難です。ギフトは、従来のイメージからか花を贈ることが人気です。

日本独自のイベント

箱

何気なくやっていた2月のイベントの節分にも様々な由来や意味があります。ただ楽しむだけではなく、意味を理解した上で行う節分は、より楽しめることになると思います。次の節分からは、立春の前の日に行い、きちんとした礼法でやってみることをおすすめします。

母に花をプレゼント

女の人

母を労わる記念日の起源は

5月の記念日と言えば母の日です。母の日は母に日々の感謝を表すためにプレゼントを渡すことが多いです。何となく毎年祝っているけれど、母の日はそもそもどうやって生まれたのでしょうか。実は日本における母の日というのは、アメリカから輸入されたものです。アメリカで1907年にアンナ・ジャービスという女性が母の死を悼んで教会に白いカーネーションを贈りました。これが元になってアメリカでは5月の第2日曜日にカーネーションを母親にプレゼントするようになったのです。その風習が日本にも伝わり、現在でも続いているのです。

贈る花を選ぶときの注意点

日本でも母の日は定着していき、今では非常にポピュラーな記念日になっています。母の日のプレゼントと言えばカーネーションやそれ以外のお花を贈ることが多いでしょうが、選ぶ際にはいくつか気を付けなければいけない点があります。花を選ぶ際に気を付けなればいけないのは、ずばり花言葉です。花言葉とは花に象徴的な意味を持たせたものです。花言葉というと良い意味ばかりのイメージがあるかもしれませんが実は違います。嫉妬や汝を呪うなどといった怖い花言葉を持つ花も存在するのです。そのため、花を選ぶ際にはその花にはネガティブなイメージの花言葉がないか、しっかり調べた上で贈ることをおすすめします。同じ花であっても花の色で花言葉が変わるケールも多いので色にも注意しましょう。母の日のプレゼントと言えば花が王道ですが、実はこういった思わぬ落とし穴があります。しっかり花言葉を確認した上で購入して喜ばれる母の日にしたいですね。

家と家族の厄避け

節分

節分を家族みんなで行う理由は、家と家族の厄除けも含まれているため、一丸になって取り組むのが習わしです。節分の豆を購入すると鬼の面が付いてきますが、怖い形相をする事で厄を寄せ付けない効果があるため、身に付けます。