日本独自のイベント|記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

日本独自のイベント

箱

子供の頃は鬼が怖くて良い思い出がない方もあると思いますが、日本のイベントの節分というのは季節の分け目という意味があります。2月に節分を行いますが、季節の分け目という意味では、【立春】【立夏】【立秋】【立冬】と4つに分けることができ、その4つの前日すべてが節分ということになります。日本では、2月の3日に豆まきなどの節分の行事をやると思いますが、立春の日は太陽の角度により変わるものなので、毎年節分の日は変わってくるのです。ちなみに立春の日とされる太陽の角度は315度になります。なので、2月3日を節分の日と覚えている方は、立春の前日と覚えなおしましょう。また、その時に食べる恵方巻きも、立春の前日に食べるのが良いとされています。

節分の時に食べる恵方巻きには福を運んでくれるという意味があります。地域によっても恵方巻きを食べる際の決め事は変わってきますが、基本的には食べる際は喋らずに恵方の方向を向き、お願い事を心に秘め食べると良いとされています。また、節分の醍醐味の豆まきは、鬼を追い払い、福を呼び込む為の行動とされています。そもそも鬼という日本語は陰という言葉から来ている為、目に見えない気を追い払うという意味があります。その際の掛け声は、鬼は外、福は内が一般的ですが、場所により、鬼は内、福は外という掛け声のもと、豆まきをするところもあるようです。豆まきに使用する大豆にも意味があります。大豆は五穀の一つで古くから穀霊が宿る食物として重要視され、その穀霊で悪霊を追い払うという意味があります。