義母も実母も|記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

義母も実母も

カーネーション

姑からの好感度を上げる

実の母に母の日ギフトを贈る以上に気を配ることになるのが、義理の母への贈り物でしょう。夫に好みを聞いてもらって、相手のほしいものを贈るのが無難です。相手の実家との関係を良好にするには、小さなことの積み重ねです。実母と姑との間で、母の日に使った金額に差があるといい印象は持たれません。両方の母親に贈る場合は、同じくらいの値段の品物にしましょう。社会人が母の日にかける予算は大体3000円から5000円くらいであることが多いので、これくらいの品物から探すべきです。花を贈るときには、花言葉にも気を付けましょう。母の日のカーネーションといえば赤色ですが、白やピンクも販売されています。実は、白は亡くなった母に捧げるために使うので避けておく方が無難です。

渡されるものと嬉しいもの

母親を対象に、母の日にもらったギフトにちなんだアンケート調査が時々行われています。実際にどんなものが贈られているか、そしてもらって嬉しかったのはどんなものかがわかるのが特徴です。まず母の日ギフトとして選ばれることが多いのが、花や食事、雑貨類などです。ホテルの宿泊券や温泉旅行のプレゼントもよく選ばれています。そして母親たちの満足度が高いものも、上位はほぼこれらが占めているのです。特に花はカーネーションを贈るというイメージが定番化されているからか、王道の人気を獲得しています。社会人になってからは収入も増えますから、花にレストランなどの食事や雑貨などを一緒に贈ると満足してもらえるのではないでしょうか。