家と家族の厄避け|記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

記念日として母の日に送るべきアイテムを決めよう

家と家族の厄避け

節分

室内や屋外に向けて、炒り豆を投げる儀式を行う節分は、日本独自の風習であり、毎年決まった日に行われます。家庭によっても違いがあるように、地域によっても違いがあるため、その土地に合った方法で取り組まれてます。節分を家族みんなで行う理由は、家や家族に降りかかる厄避けも含まれているため、一丸となって行うのが習わしです。近年は家族みんなで同じ方向を見て巻き寿司を食べるという、恵方巻きが流行っており、スーパーでは季節になると節分一色になります。縁起の良い方向というのは毎年変わるため、恵方巻きを食べる時はその都度に向きを確認する必要があります。もはや節分はイベントとなっており、家族が集まるきっかけにもなるとして、多くの家庭で取り入れられています。

節分の季節になり炒り豆を購入すると、必ずと言っていいほど鬼の面が付いてきますが、これには意味があります。鬼の面は怖い形相をしているため、厄を寄せ付けない効果があり、豆を投げる時に身に付ける事で厄避けとなります。また豆を投げるのは厄年を迎えた人であり、厄を自分から振り払う事で、災難やトラブルを避ける事ができます。子供からお年寄りまで、みんなが参加できる節分は、家族が同じ思いを共有できる貴重な時間となります。家族の絆が希薄なっている現代日本では、大切な家族向けイベントとなっているため、各家庭でも意識して行われています。炒り豆が硬くて食べられない場合は、柔らかいポーロを使用するとよく、小さな子供でも容易に食べられます。